So-net無料ブログ作成
検索選択

大和言葉 [日記]

 今、読んでいる本です。
『美しい「大和言葉」の言いまわし』

 「大和言葉」とは、まだ文字を持たなかったころから私たちの祖先が話していた、生粋の日本語です。

 大和言葉は、響きが柔らかで、ほっこりとした感じで、耳と心に心地よく、相手を敬い、大切に思う心がこもっています。今でいう、‘おもてなし‘の心が入った言葉です。

 私たちが今使っている日本語の内訳(?)は、漢語、外来語、大和言葉・・・この3つです。
 例えば、「今日はいい天気ですね」ではなくて、「今日はいい日和(ひより)ですね」と言ったり、挨拶されたら、なんとなく、ほのぼのして温かく、優しい気持ちになりませんか?
(この場合、‘天気‘ は漢語で、‘日和(ひより)‘ が大和言葉です。

 大和言葉って、和服にピッタリ合うな~って、自分が着物を多く着るようになってから、思うようになりました。
 万葉の時代から廃れることなく残ってきた言葉、これからも日本人のアイデンティティーとして残していきたい、使っていきたいと思います。
 きっと、今の若い人たちは、「何? それ日本語? 」「古臭い~~!」って思うのでしょうね。

 もっともっと日常会話、、、、仕事の中でも使っていくと、スムーズに事が(人間関係が)運んでいくような気がします。

美しい「大和言葉」の言いまわし: さりげなく、折り目正しく「こころ」を伝える (知的生きかた文庫)

美しい「大和言葉」の言いまわし: さりげなく、折り目正しく「こころ」を伝える (知的生きかた文庫)

  • 作者: 日本の「言葉」倶楽部
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2015/11/24
  • メディア: 文庫





nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

りりい

ブログ引越ししたよ~。
アドレス入れていくね。

今日はご挨拶だけで
失礼しますね。
by りりい (2016-03-24 14:21) 

hoihoi

そうなのね~!
遊びに行きます~!
by hoihoi (2016-03-30 15:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。